xxxbatsuxxx

Xの描いたオリジナル漫画の裏話的Blogです。よろしければ本編(リンク先の『xxxBATSUxxx』)へお越しください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

漫画の案内

note-17
漫画を載せているホームページ→xXxBATSUxXx
最新記事は下にあります。
<注意>
・拍手がホームページと連動しております。
・非公開コメントでも、内容が公開されるのが嫌なだけで
 返信は別に構わない方が書いてくださっていると思い、
 返信コメントをしております。
・お手数ですが、もし不必要な場合はどこかにご明示ください。
・どちらでも良い方は、ぜひ返信させてください~♪
スポンサーサイト
別窓 | イラスト(自己漫画複合) | コメント:0 | トラックバック:2 | ∧top | under∨

復活を図ります…

復活を図ろうと思っております…!
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

駅で待っている間に考えること(小さいおっさん編)

お久しぶりです。

駅で退屈なときに誰もが考えたことを漫画にしました。

かつ、それにストーリー性を持たせてみました。

eki01.jpg

eki02.jpg

eki03.jpg

eki04.jpg

eki05.jpg

eki06.jpg
別窓 | 裏漫画 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

友人のHP4周年記念に…

自分が全くHP更新をできていないのに、友人の4周年記念には絵を送ります。

ちょっと恥ずかしい気持ちになりました( □ ;);。

hb-4th-1

時間ができてきたんで、ぼちぼちですがHP更新や好きな作家さん方のサイト巡りを再開していけたらなぁ、と思ってます…
別窓 | イラスト | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

バトンが回って来ました

お久しぶりです。

最近WEB上ではほぼ漫画制作をしていないんですが(実は違うホームページ上では制作しているんですが、思うところがあって、こちらにリンクさせておりませんし、更新情報もこちらに載せておりません。すいません。いずれあちらの手が空きましたらこちらの更新を進めていこうと思っております)、自分の大切にしている友人から一次創作作家の方への質問「バトン」というものを頂きましたので、「バトン」の慣習的黙約に従い、頂いた質問「バトン」に答えていきたいと思います。

それでは、以下が「バトン」内容となります。





一次創作家さん向けに質問を。暇な創作家さん是非お答えください。


①まずはお名前をどうぞ。

 X(BATSU)です。

②創作家歴はどのくらいですか?

 自分は自身を未だに創作家だと思っておりません。

 WEB上で活躍されている偉大な先輩方に比べ、自分のアーティストとしての腕は甚だ未熟です。

 見習いにすぎないと思っております。

 なので、創作家歴は0年です。

③創作家になったきっかけは?

 未だ見習いの域ですので、これからどのようなキッカケで創作家となるかは分かりません。

④どこで基本的に活動してますか?

 私的活動の場所は、WEB上と、サークルです。

⑤現在創作活動中のジャンル、作品はどのようなものですか?

 固定概念に囚われると創作の域がせばまり、自身ののびしろを削ってしまいます。

 なので、あえて、ジャンルを申し上げることができません。

 すいません。

⑥二次創作にも手を出してますか?

 私的サークルの友人の創作作品の二次作品を楽しみで描くことはあります。

 商業化している作品に関して創作することはありません。

⑦創作において重要なのはなんだと思いますか?

 見てくださる方です。

 普通、人は、有名にならなければ、他人の創作作品を読むことも、手にとることも、見ることもありません。

 見てくださる、ということはとても稀有な瞬間であり、素晴らしいことです。

 見てくださる方を大切にしなくてはなりません。

 見てくださる方、読んでくださる方、楽しんでくださる方がいてこその創作作品です。

 見てくださる方がいなくなれば、自己満足の世界でしかありません。

 なかなかこちらの漫画を進められない自分がいうのもおこがましい限りで、まことに申し訳ないとは思っているのですが…自分の考えを書きだすと、このようになります。

 それから、この世界には、自分と同じ人間はいません。

 自分の好きな価値観や方向性、趣向を押し付けてばかりいては、見てくださる方が退屈します。

 いろんな方がいることを踏まえて、常に向上心や探究心を忘れず、色んな世界にチャレンジすること、これも大切なことだと思います。

 …と、花にも実にもならない者が立派なことをほざいてみます←w

⑧創作においてこれは許せない、譲れない…と考えているものはなんですか?

 上述した内容とはうって変ったことを言いますが、創作の世界には、垣根も天井もないと思います。

 自分は、他人を深く傷つけない限り、何でもやってよいと考えています。

⑨(※ファンタジー系向け)武器の名前やキャラクターの名前等に、神話や伝説等の名前をつける場合その意味を調べていますか?

 とても調べます。

 しかし自分は天性の粗忽者ですので、調べたりないことが多々あります。

 時間があるのであれば、1つの作品を作り上げるのに最低1年の調査期間をいただきたいです。

 ところが、調べすぎると、今度は法則や歴史にがんじがらめになり、創造性を損ないます。

 なので、全くの創作作品であれば、厳密過ぎる調査はしません。

⑩モチーフにする時代があった場合、その時代について調べたりしていますか?

 とても調べます。

⑪創作のお供はなんですか?

 インスピレーションが欲しい場合は音楽を聴いたり、演奏したり、自然の写真を見たりしますが、構想を練る場合、インスピレーションを広げて作品を制作する場合などは、自分の創作の領域に他のアーティストの影響が入らないように全てを排除します。

 今のところ、耳栓が効果的で気に入っています。

⑫スランプに陥った場合、どうしますか?

 家族や友人や隣人と話をします。

⑬もし自分の一次創作が二次創作されるとしたらどこまで許せますか?

 自分の作品が二次創作されることほど嬉しいことはありません!

 どこまででもどうぞ。

 犯罪にかからない限りで、どこまででも、どうぞ。

⑭尊敬する創作家さんはいますか?

 今、この文章を読んでくださっているあなたです。

⑮アイデアが思いつくのはどんな時ですか?

 アイデアが思いつく時を憶えておりません。

 さまざまであり、そうして、そのアイデアを忘れないように記録・記憶した時には、思いついたきっかけを忘れています。

 しかし、少し覚えている時もあります。

 例えば、自分の生活習慣に全く関係なく、自分の頭では思いつきもしないアイデアであれば、2割くらいの確率で朝方見る夢だろうと思います。

 ただし、他の作家さんの作品から思いついたアイデアであれば、どんなにステキなものでも破棄します。

 それに対して、何の影響もなく考え出すことができたものであれば、後から他の作家さんが使っていたと知ったとしても、自信を持って使用します。

⑯一次創作に関連した思い出か何かありますか?

 人の作る物全てが一次創作です。

 言葉を考え、選び、表現し、発現させること、全ては創作です。

 生きていること、それが人の一次創作です。

 今、この瞬間、瞬間全てが思い出です。 

⑰一次創作を始めた頃の自分に一言お願いします。

 「一次創作を始めた頃」と言い切れる時がいつなのか分かりませんので何も言えませんが、もし分かれば、「調べすぎて袋小路にはまるな、限界を作るな」と言いたいと思います。

⑱自分の考えたキャラクター達は好きですか?

 おそらく、どの創作作家さんもこうおっしゃると思います。

 「自分の子どもを嫌う親がいますか?」と。

 ただ、自分の場合は「好き」というよりかは、「思い入れが強い」、と表現させてください。

 死亡させなくてはならないキャラクターもおります。

 「好き」になると死亡させることが出来なくなり、物語に深みや奥行を設けることができなくなります。

⑲自分をモデルにしたキャラクターを考えたことはありますか?

 …

 ……

 ………

 …………おり、ます。

 キャラクターというものは自分の思考や性質、体験などを少しずつ削り取って作成していくものです。

 だからこそ、見てくださる方が共感し、楽しんでくださると考えます。

 自分の作るキャラクター全てが自分自身の欠片であると思います。 

⑳これからも一次創作家活動、続けますか?

 はい。



ありがとうございました。
次に回す人⇒ 「この文章を読んで、バトンに答えてみたいと思った方」 にお願いします。

お疲れさまでした。




「バトン」は以上です。

ナマイキなことを沢山書いてしまいました。

でも、楽しかったです。

普段言わないことを外に出せたと思っています。

このような機会を設けてくださった友人に感謝します。

ありがとう。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| xxxbatsuxxx | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。